忍者ブログ
  • 2017.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.02
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/01/17 14:21 】 |
月刊・現代画報 今後激しさを増しそうな政権奪回への動き
このところ、自民党が野党として政権の奪回を目指し ているという報道が続い
ていますが、自民党の谷垣禎一総裁の戦略は、どのようなものなのでしょうか。
国際ジャーナルでも、自民党の政権が起 こった場合の分析をして欲しいと感じ
ます。民主党政権ですが、2年続けて税収より国債発行額が大きく上回るという
状況になっています。マニ フェストで主張された子ども手当などがばらまき政
策として批判されている面もあります。これは正直なところ、詳細な分析が必要
だと思います。 自民党を始めとした野党の活動によって、民主党政権が解散・
総選挙に追い込まれた場合、国民の支持はどうなるのでしょうか。民主党から自
民党 に切り替える国民が増えるのでしょうか。ちょっと気になるところです。
菅直人首相は、消費税を含めた税制と社会保障に関する与野党協議を、野 党に
も呼びかけています。この動きも気になるところです。日本の将来において、本
当に必要な政策であれば、徹底的に議論して欲しいところです ね。最近の菅再
改造内閣の世論調査では、政党支持率は自民28%、民主25%という結果も報
道されています。これからの政治の動向について は、今以上に注目してみたい
ところですね。





現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社
国際通信社
PR
【2011/02/23 18:48 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<国際ジャーナル・月刊誌 中学生が無免許運転 | ホーム | 報道通信社・月刊・報道ニッポン 捕鯨調査船を妨害>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>