忍者ブログ
  • 2018.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/18 23:30 】 |
国際通信社のネットのインタビュー記事 往年のブランドの人気が復活
往年のブランドが復権してきているようです。理由は、電通が言うような理由も一つの理由かも知れませんが、主たる理由とは思えません。消費の購買力が若者のそれよりも、団塊の世代などが主力をになうようになったから、その世代に馴染みの深いブランドがすんなり受け入れられている要素が強いように思われます。各企業は、時代と共に置き去りにされ、過去のものになってしまったブランドを今、一度洗い直して、リニューアルできないかを検討するに値する可能性があります。
今の時代は、メインストリート系の商品よりの一歩、裏道に入ったような商品、また機能性に溢れた商品が好まれるような気がしています。既存ブランドの有効活用は、ブランドを浸透させるコストが大幅に軽減されるので、視聴者の心に響くメッセージを軽く乗せるだけでビジネス展開できるのでこのトレンドは嬉しいことではないでしょうか。




大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社
国際ジャーナル
PR
【2011/06/19 14:12 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ザヒューマンで読む最新記事 目標設定によるエネルギー代替の実現 | ホーム | フェイスブックで国際ジャーナル 高齢者の聴力>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>