忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/24 05:53 】 |
国際ジャーナル・国際通信社・月刊誌 振り込め詐欺対策
夕方のローカルニュースを見ていましたら、神戸市の銀行での振り込め詐欺対策
のことが報じられていました。

実際の警察官の写真のパネルが設置されており、近づくと、「振り込め詐欺には
気をつけましょう」という内容の音声が流れて来ます。

警察などの地道な取り組みが功を奏し、振り込め詐欺の被害は減少傾向にあり、
神戸市のある兵庫県でも、被害件数が前年に比べ3分の1に減少しているとか。

パネルの写真のモデルは現役の兵庫県警の若い警察官。実際の身長よりすこーし
パネルは小さめ。

パネルが設置された銀行のATM周辺で、利用者に詐欺への注意喚起を呼び掛け
ていました。

インタビューを受け、「照れるけれど、詐欺撲滅を呼びかけたい」と答えていま
した。

けっこう簡素な仕掛けという印象ではありますが、こういった小さなことの積み
重ねが詐欺集団への抑止効果になるといいですね。実際、地道な取り組みが被害
件数の減少につながっているわけですし。

被害件数の減少、検挙数の向上は喜ばしいですが、手口そのものは巧妙化してき
ています。税務署職員なんかに化けて電話してこられたら、怯んでしまいますが
、騙されてはいけませんよ~。

詐欺に会って心まで寒い思いをしないよう、みなさん、くれぐれもご注意を!




「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社
国際ジャーナル
PR
【2011/04/20 12:19 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<国際ジャーナル・国際通信社・月刊誌 野生パンダ、骨を食べるて | ホーム | 国際ジャーナル・国際通信社・月刊誌 新しい日本外交のビジョンを見たい>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>