忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/24 05:51 】 |
国際ジャーナル・国際通信社・月刊誌 独自の道を歩む西陣織
暑くてなかなか着る気になりませんが、秋が近づいてくると着物が恋しくなります。とは言ってもそんなに数を持っているわけでも高級なものでもありません。正絹をいくつかと、紬、化繊物もあります。化繊はバカにしたもんでもなくて、ザブザブ洗濯機で洗えるので、気兼ね無く着物を着ることが出来ます。まあいつかは西陣織とか・・って憧れますけどね~。報道ニッポンに「京の雅を今に伝える西陣織」というコラムが載ってますが、正に雅ですよ、西陣織は。綴(つづれ)、錦、緞子(どんす)、朱珍(しゅちん)、金襴(きんらん)などなど、種類の名前からしてキラキラしてます。
もう少し詳しく調べてみてビックリしたのは、西陣織が織機を早くから導入し、しかもその最先端技術を日本独自のものに昇華させていた点です。西陣織の複雑で繊細な作業は20工程以上ありますが、図案作成工程の最終作業はコンピューターが使われているんですよ。そして、コンピューターで処理された図案をジャカードという織機で織っていくわけです。もちろん、手機での製作もまだ行われていますが、主力はジャカードです。海外では電子ジャカードが使われていますが、日本では独自にダイレクトジャカードが発明され現在もこれが使われています。問題は、データ保存用のフロッピーディスクの生産中止や新しいフォーマットの開発など、機械的な改革の必要を迫られていること。職人の高い技術力、繊細な仕事をぜひ守っていって欲しいと思います。



国際通信社
国際ジャーナル
PR
【2011/04/24 15:11 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<国際ジャーナル・国際通信社・月刊誌 泥試合 | ホーム | 国際ジャーナル・国際通信社・月刊誌 国民的な議論をTPPに望む>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>