忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/24 05:52 】 |
国際ジャーナル・国際通信社・現代画報社 プチプラコスメ
雑誌「報道ニッポン」「現代画報」で「美容と健康」についての特集が紹介されていたかと
記憶しています。「美容」といっても、様々なものがあげられるかと思います。
サプリメント、エステ、食物など、他にも数多くあるでしょう。
その中でも毎日利用するのが「化粧品」だと私は思っています。

以前、テレビ番組での特集で安価な値段で購入できる化粧品が今は人気があると紹介されて
いました。それらを「プチプラコスメ」と呼んでいるそうです。
「プチプラコスメ」とは、数百円~千円台で手に入る、バラエティショップやドラッグストア
ではおなじみのお手ごろ価格の化粧品なのだそうです。10代~20代はもちろんのこと、今では
幅広い年齢層に愛用されているとのことです。
美容部員さんのカウンセリングを受けるのではなく、自分で選んで購入するため「セルフ化粧品」
とも呼ばれているそうです。「無理に勧められた」「買わされた」ということはなく、あくまでも
自分の意思で選ぶところが購入時のポイントだそうです。

私は、この「プチプラコスメ」を見て回るのが大好きです。ただ、店員からのアドバイスがない
状態なので、手につけてみて試してみたり、匂いも好き嫌いがありますので自分で確認してみた
り、時間をかけて商品1つ1つを見て回ります。
ですが、この商品を確認する時間も実は楽しんでいらっしゃる方も少なくはないのではないでしょ
うか。

「安いのはちょっと・・・」と中には抵抗する方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、あるホームページに「21世紀のプチプラコスメは、価格維持用の品質と使い心地が味わ
える、コストパフォーマンスの高い実力派の商品ばかり」というコメントが紹介されていました。
確かに、値段を見て「安い」と思ったものでも実際使ってみると本当にいいものが多いのです。
「プチプラコスメ」の人気はこの世に女性がいる限り、続くかもしれませんね。



国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社
報道ニッポン
PR
【2011/04/07 12:59 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<国際ジャーナル・国際通信社・月刊誌 滞納20億円超を強制徴収とは。。 | ホーム | 国際ジャーナル・国際通信社・現代画報社 おせっかい隊>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>