忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/24 05:52 】 |
国際通信社の月刊誌国際ジャーナル 子宮頸がんのワクチンが不足
テレビや新聞、雑誌などでも大きく取り上げられていたのが、子宮頸がんを予防する
ワクチンです。「ワクチン」に関する話題は、以前に雑誌「現代画報」にも載っていました。
この子宮頸がんの予防ワクチンが全国規模で不足しているのだそうです。
ワクチン接種の全額公費負担が昨年11月に始まってからは需要が急増して、製造が
追いつかなくなったということです。
女性であれば、テレビや雑誌、インターネットから子宮頸がんについての情報が耳に
入っていたと思います。ワクチンを接種した人は、私の周りにも何人かいます。
そのワクチンが不足している状況は困りますね。まだまだ全国では、ワクチン接種を
考えている人もいると思います。素早い対応を希望したいですね。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社
国際ジャーナル
PR
【2011/03/25 12:34 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<国際ジャーナル・月刊誌・国際通信社 2月の景気ウォッチャー調査 | ホーム | 国際通信社の月刊誌国際ジャーナル ネット上に氾濫するコピペ対策にも有効か? コピペ文章判断ソフト製品化>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>