忍者ブログ
  • 2018.01
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 2018.03
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/02/24 09:01 】 |
東京国際ジャーナル 2000円札
2000円札をここ何年も見ていないのです。みなさんの
財布の中には2000円札が入っているでしょうか。ちなみに、私は見かけていないので入っていません。
何年前にこの2000円札が発行されたでしょうか・・・。果たして、この2000円札は必要だった
のか、今でも疑問に思います。確か、「世の中には1980円で販売されている商品が多い。1000
円札を2枚出すよりは、2000円札があれば便利」ということを聞いたことがあるのです。

発行された当初は財布の中にも入っていたのですが、店頭で2000円札を出した時に店員に嫌な
顔をされた記憶があります。1000円以下の買い物を2000円札でやったのだと思います。

2000円札を出す私も、なぜか申し訳ない気持ちになりましたがみなさんはいかがでしょうか?




現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社
国際ジャーナル
PR
【2011/05/11 11:29 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ザ・ヒューマン 経営者 フロッピーディスクはどこに | ホーム | 国際通信社より 見守りカメラ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>